ビデオパワー BLUEは、強力なビデオ編集ツールです。
ビデオや画面の録画・録音、画音楽変換・カット編集、ビデオコラージュ、スライドショー作成などの、沢山の機能が統合されています。
お使いになる操作を、左のメニューから選んでください。

1、最新版をインストールする

以下のボタンをクリックして、本製品の最新版をダウンロードできます。

ダウンロード

2、製品を登録する

製品は未登録の場合は、体験版制限はあります。
製品を登録する手順は、
ビデオパワー シリーズ ファーストガイドをご参照ください。

体験版に関する制限は、以下の画像をご参照ください。
ビデオパワー BLUE マニュアル, 登録画面

3、設定

ビデオパワー BLUEを起動した後、 動画編集・変換を開始する前に、設定をカスタマイズすることをお勧めします。
「メニュー」アイコンをクリックして、「設定」、「言語」などの設定を変更できます。
アップデートやバージョン情報の確認もできます。

ビデオパワー BLUE 設定,一般設定

3.1 設定
ビデオパワーBLUEを終了する前に、確認する画面を表示するかを設定します。

3.2 変換
変換やスナップショットの保存先を覚えやすいところに変更できます。

使用するCPUコア数
複数のコアを持つCPUをご利用の場合、本製品に割り当てるコア数を設定できます。
数字を大きくする方が、パフォーマンスは大きくなります。

ビデオパワー BLUE 設定,変換設定

3.3 録画
① 録画の保存先やツールバーの表示などの設定
ビデオパワー BLUE 設定,録画設定 録画の保存先

② カーソル(マウス)の録画に関する設定
プレゼン資料などでマウスカーソルを表示したい場合の設定
ビデオパワー BLUE 設定,録画設定 カーソルの録画

③ キーボードショートカットや録画の保存形式に関する設定

キーボードショートカット:
フルスクリーンで録画する場合で、録画ツールバーを隠したら、
キーボードショートカットで録画を操作できます。

録画の保存形式:
録画したビデオをMP4、WMV、AVI、MOV、FLV、MPEG、VOB、ASF、GIFなどの形式に保存できます。
録画の音源や音質もここで設定します。
ビデオパワー BLUE 設定,録画の保存形式

「デフォルト」をクリックるすと、全ての設定は初期設定になります。
「OK」をクリックすると、全ての設定を保存します。

4、ビデオやオーディオを変換する

ビデオ/オーディオファイルを別の形式に変換するには、以下の手順に従ってください。

手順1、変換するビデオやオーディオファイルを追加します。
「ファイルを追加」をクリックするか、またはファイル変換したいファイルを変換する画面にドラッグしてファイルを追加します。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,ビデオやオーディオファイルを追加

追加したファイルの削除や結合など

① ファイルの削除:
誤って追加したファイルがある場合は、削除したいファイルを選択して、右クリックメニューまたはファイルリストの下にあるボタンの【選択したものを削除]をクリックして、ファイルを削除できます。
全てのファイルを削除するには、「タスクリストを消去」をクリックします。

②一つのファイルに結合:
複数のビデオまたはオーディオファイルを結合する場合は、結合したいファイルをリストに追加してから、
「一つのファイルに結合」を選択して変換保存します。

③ソースメディア情報:
右メニューから「ソースメディア情報」をクリックすると、ビデオやオーディオのコーデック、解像度、ビットレート、フレームレートなどの情報を確認できます。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,追加したファイルの削除や結合

オーディオトラックや字幕の選択や追加

④ 「オーディオトラックツールバー」をクリックし、オーディオトラックを選択します。また、HDDからオーディオトラックを追加することもできます。

⑤ 「字幕ツールバー」をクリックし、字幕を選択できます。「字幕を追加」をクリックすると、外部の字幕を選べます。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,オーディオトラックや字幕の選択や追加

ヒント:
ビデオ一覧右側のプレビュー画面で、スクリーンショットを撮ることができます。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,スクリーンショットを撮る

ビデオを再生し、好きの画面で再生を一時停止し、
ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,スクリーンショットを撮る をクリックすると、この画面のスクリーンショットは保存されました。
ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,スクリーンショット 保存先 をクリックして、スクリーンショットの保存先を開きます。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,メディアプレイヤーで再生 をクリックして、ビデオパワー BLUE内蔵のメディアプレイヤーでビデオを再生きます。


手順2、出力フォーマットを選択します。

①出力フォーマットを選択する
「出力フォーマット」の右側をクリックして、プロファイル一覧を開きます。
三つのカテゴリがあります。

ビデオ:MP4、MKV、AVI、WMV、HEVC/H.265、FLVなどの形式があり、各形式に4K/1080P/720P/DVD画質などのプロファイルがあります。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,出力フォーマットを選択

オーディオ:MP3、MP2、WMA、M4R、M4A、AC3、DTS、AAC、FLACなどの形式があり、高/中/低などの音質に変更できます。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,出力 オーディオ

デバイス:Apple、Samsung、Sony、LGなどのスマホに向けのプロファイルがあります。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,出力 デバイス

② パラメータを設定する
プロファイルを選択した後、プロファイル右側の[設定]ボタンをクリックして、
メディアファイルの品質を選択するか、あるいは各パラメータをカスタムすることができます。
ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,パラメータを設定する

出力フォルダを選択
「出力フォルダ」右側のボタンをクリックして、出力ファイルの保存先フォルダを選択します。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,出力フォルダを選択

手順3変換を開始します。
上記の設定を完成した後、「変換」をクリックしてビデオの変換を開始します。

ビデオパワー BLUE 設定,動画変換,変換を開始

注意:
● 変換中いつでも必要な時に、「停止」ボタンをクリックし変換を中止できます。長い動画の変換は時間をかかる可能性があります。
● 「変換が完了した後Windowsをシャットダウンします」をチェックし、変換終了後にパソコンが自動的にシャットダウンされます。
● 「開く」ボタンをクリックして、変換保存したビデオやオーディオの保存先を開きます。

5、ビデオやオーディオを編集する

編集機能を使って、動画をトリムしたり、クロップしたり、ソースとなる動画や音声ファイルからほしい部分を切り取ったりすることができます。同時に、ニーズに合わせ、ウォーターマークの追加や字幕の挿入などもできます。より多くの機能が使っている時に、体験可能です。
(ノート:動画を編集する必要がない場合は、この手順をスキップしてください。)

5.1  編集画面を開く
ビデオを選択し、「編集」ボタンをクリックしてビデオ編集画面に入り、ビデオやオーディオファイルを編集します。

ビデオパワー BLUE 設定,動画編集,編集画面を開く

5.2 ビデオをトリムする
「トリミング領域を選択」をクリックすることで、動画をトリムできます。
プレビュー再生画面で、スライダーをドラッグするか、あるいは開始時間や終了時間の「上」や「下」ボタンで時間を秒ごとに調整できます。
「好みの設定」で、「選択した部分を保存」か「選択した部分を削除」を選びます。
「再生」ボタンで変更のプレビューや「リセット」ボタンでのキャンセルもできます。

ビデオパワー BLUE 設定,動画編集,ビデオをトリム

5.3 ビデオをクロップする

① 回転・反転
左から、時計逆回りに90度回転/時計回りに90度回転/左右反転/上下反転

②クロップ
選択した範囲をズームアップする機能です。場所は左上からの位置(ピクセル)、サイズは 縦×横(ピクセル)

③縦横比
縦横の比率(アスペクト比)を設定します。オリジナル/16:9/4:3/2.35:1

④同調
映像に対する音声のタイミングを設定します。音声が遅れている動画の場合はマイナス側に設定、音声が早い場合はプラス側に設定してタイミングを調整します。

ビデオパワー BLUE 設定,動画編集,ビデオをクロップ

5.4 ビデオの効果を調整する

スピード:
動画の再生速度を調整します。0.5~2.0、数値が大きい方が早く、オリジナルは 1.0 です。

音量:
動画の音量を調整します。0~200、数値が大きい方が大きく、オリジナルは 100 です。

コントラスト/輝度/彩度:
コントラストは白と黒の強さです。数値が大きい方がよりハッキリとした映像になります。
輝度は明るさです。数値が大きい方が明るくなります。
彩度は鮮やかさです。数値が大きい方がより鮮やかに、数値を最小にすると白黒(モノトーン)になります。
いずれも、数値の幅は -100~100、オリジナルは 0 です。

ビデオパワー BLUE 設定,動画編集,ビデオ効果

5.5 ビデオに透かしを追加する
テキストまたは画像で透かし(ウォーターマーク)を挿入します。
複数配置できますが、動画の最初から最後まで表示されます。
※上手に使うと、タイトル用の動画なども作れます。

① 左から、画像ファイルの追加/テキストの追加/選択している透かしの削除/選択している透かしを重なりの上に移動・下に移動
② 追加した透かしの一覧、右端のボタンから再編集が可能
③ 選択している透かしの、位置、大きさ、透明度(数値が大きい方がより透ける)
※配置した透かしは、プレビュー上でも位置と大きさは変更可能

ビデオパワー BLUE 設定,動画編集,ビデオに透かしを追加,動画編集,字幕の設定

5.6 字幕の設定
ビデオに字幕を挿入します。

① 左から、字幕ファイルの場所/字幕ファイルの選択/書体(フォント)の設定/字幕セット(国・地域)の設定
② 字幕ファイルを検索する:外部の字幕配布サイトに接続します
③ 用意されている文字装飾を使用します
④ 字幕の透明度と配置する場所を設定します

ビデオパワー BLUE 設定

⑤ 全ての設定を完成したら、「OK」をクリックして、設定を保存して編集画面を閉じます。

6、 ビデオコラージュ(画面分割・多画面同時表示)

ビデオコラージュ機能で多画面ビデオを簡単に作成できます。
ビデオコラージュには、スタイル、フィルター、音量、BGM追加、出力という5つのタブはあります。

6.1 スタイル(ビデオの追加)
① 作成するビデオのアスペクト比を選びます。16:9、4:3、1:1という三つの選択肢はあります。
② 画面分割の境界線の幅および色を選びます。
③ 画面分割のテンプレートを選択します。
④「+」をクリックして、各ブロックのビデオを追加します。

ビデオパワー BLUE 設定,ビデオコラージュ,ビデオの追加

⑤ 追加したビデオをトリムします
⑥ 追加したビデオを無音する設定
⑦ ビデオの入れ替えや削除

ビデオパワー BLUE 設定,ビデオコラージュ,ビデオの入れ替えや削除

6.2 フィルター
数十種類のビデオフィルターをプリセットして、任意のフィルターテンプレートを選択できます。
要らない場合は、「None」を選択します。

ビデオパワー BLUE 設定,ビデオコラージュ,フィルター

6.3 音量(各ビデオの音量を調整する)
編集したいビデオを選択して、ビデオの音量を調整します。
「フェードイン・フェードアウト」というオーディオエフェクトも設定できます。

ビデオパワー BLUE 設定,ビデオコラージュ,ビデオの音量を調整

6.4 BGM追加
「BGM追加」をクリックして、ビデオコラージュの背景音楽を追加します。
複数の音楽を追加したら、順番に追加したBGMを再生しますが、
BGMの再生時間はビデオの総再生時間と一致します。

ビデオパワー BLUE 設定,ビデオコラージュ,BGM追加

6.5 出力(ビデオの保存)
ビデオの解像度は、480P、720Pや1080Pから選択できます。
「出力」をクリックして、編集したビデオコラージュを先選んだ解像度でMP4ビデオに保存します。
ビデオパワー BLUE 設定,ビデオコラージュ,ビデオの保存

7、MV(スライドショー作成)

ビデオや写真を追加して、素晴らしいビデオを作成するのに役立つMVメーカー(スライドショー作成ツール)も付属しています。

① ファイルを追加:ビデオ(MP4、AVI、MKV、MPG、MOVなど)や画像ファイル(PNG、JPEG、TIFF、BMPなど)を追加します。
② テーマ:好きなテンプレートを選択して、右側のプレビュー画面で再生して確認できます。
③ BGM追加:スライドショーの背景音楽を追加します。
④ 出力:360P/720P/1080PのMP4に保存できます。

ビデオパワー BLUE 設定,MV作成,スライドショー作成

注意:
ビデオを追加する場合は、追加したビデオの画面上には2つのアイコンが表示されます。
はさみのアイコンをクリックすると、ビデオをトリムして、不要な部分を切り取ることができます。
スピーカーのアイコンをクリックすると、ビデオをミュートできます。

ビデオパワー BLUE 設定,MV作成,スライドショー作成,ビデオをトリム

8、スクリーン録画(ビデオ録画・音楽録音)

このツールを使って、PC画面や音声をそのままに記録できます。
YouTube、Hulu、AmazonVideoなどのオンラインビデオを録画でき、SKYPE/LINE等チャット、音声通話、ビデオ通話を記録できます。

録画する前には、まず記録するものを準備します。
例えば、YouTubeを録画したい場合は、ブラウザーでYouTubeビデオの再生ページを開いて、ビデオの再生を一時停止します。

次に、ビデオを録画します。

① 録画設定を行います。
設定⇒3.3 録画を参照して、好みに応じて録画設定を行います。

② オーディオ入力を設定します。
なし、システムサウンド、マイク、システムサウンドとマイクというの4つの選択肢があります。
オンラインビデオなどを録画するには、システムサウンドを選択します。
ビデオガイド、ビデオ通話など記録するには、システムサウンドとマイクを選択します。

③ 録画
録画のプルダウンメニューから、好みの録画モードを選択します。

エリアカスタマイズ:
フルスクリーン以外、ウィンドウ選択や任意の範囲指定をする録画は「エリアカスタマイズ」を使います。

フルスクリーン:
全画面録画時に選択します。

マウスカーソルの周囲:
マウスの位置が録画範囲の中心になります。録画中にマウスを動かすと、マウスの動きに録画範囲が追従します。
録画範囲の大きさは、用意されているサイズから選択します。
小さな再生エリアで、大きな画面を説明するのに向いています。

ウェブカメラ:
外付けのWebカメラや、ノートパソコン内蔵のカメラの映像を録画する場合に選択します。

オーディオのみ:
音声だけを録音する場合に選択します。
保存する音声のファイル形式を選択できます。
MP3、AAC、OGG、WMA、WAV、FLACなどの形式に保存できます。

ビデオパワー BLUE 設定,スクリーン録画,録画モードを選択

④ 録画範囲を選択して、録画を開始します。

⑤ 録画するものをリアタイムで編集します。
一時停止:一番左部のボタンをクリックして、録画を一時停止/再開できます。
停止:録画を終了し、録画したものを保存します。このボタンをクリックすると、録画画面を閉じて、「スクリーン録画」画面に戻ります。
音量:録画したものの音量を調整します。
ウェブカメラ:ウェブカメラの画面を録画エリアに挿入します。
編集:鉛筆のようなボタン(編集)をクリックすると、以下のような編集ツールがあります。これらのツールを選択して、リアタイムでビデオに注釈を追加できます。

ビデオパワー BLUE 設定,スクリーン録画,リアタイムで編集
⑥ 上図の停止ボタンをクリックして、録画を終了します。

⑦ ビデオパワーBLUEの「スクリーン録画」画面に戻りました。
録画したものはファイル一覧に表示されます。
ファイル名を右クリックするか、または右クリックして、録画したものを再生、変換、名前の変更などの操作ができます。

再生:ビデオパワーBLUE内蔵のメディアプレイヤーで再生します。
変換:選択したファイルを「変換」タブに追加して、トリム、クロップ、透かし追加などの編集ができます。
選択したものを削除:選択したファイルを一覧から削除します。「ディスクから削除」もできます。
タスクリストを消去:全てのファイルを一覧から削除します。「ディスクから削除」もできます。
名前の変更:ファイル一覧や保存したビデオのファイルを変更します。
出力ファイルを開く、フォルダを開く:録画したものの保存先を開きます。

ビデオパワー BLUE 設定,スクリーン録画,録画後の編集

9、メディアプレイヤー

「変換」や「スクリーン録画」のファイル一覧にあるビデオやオーディオは、内蔵のメディアプレイヤーを再生できます。
ビデオの再生/停止/一時停止、音量、再生画面のサイズなどの調整ができます。

ビデオパワー BLUE 設定,メディアプレイヤー

10、よくある質問(FAQ)

お問合わせ前に以下をご確認ください。

● 最新版の製品をご使用ください。
● お問い合わせ前にFAQとマニュアルに解決方法が載っていないかをご確認ください。


Q:ビデオを無音にするか、またはビデオに音声を追加するにはどうすればよいですか?

A:音声トラックボタンをクリックして、「なし」をクリックすると、出力したビデオに音声はありません。
音声を追加したい場合は、「オーディオを追加」をクリックしてください。

ビデオパワー BLUE 設定,ビデオに音声を追加する


Q:より高い品質でビデオを変換するにはどうすればいいですか?

A:出力ビデオの品質は、ソースファイルの品質、出力フォーマット、解像度、ビットレート、フレームレートなど、さまざまな要因によって決まります。

そのほかのフォーマットを試してみるか、出力プロファイルの設定画面で高品質を選択するか、または解像度、ビットレート、フレームレートの値を大きくしてお試しください。

注意:
パラメータが大きいと、ビデオの変換に時間がかかります。
より高い品質を得るために変換速度が遅くなる可能性があります。

ビデオパワー BLUE 設定,高い品質でビデオを変換


Q:「ビデオコラージュ」や「MV」機能でプレビューに何も表示されません。どうすればいいですか?

A:Adobe Flash Playerの最新版をインストールしてから、ビデオパワーBLUEを再起動してください。
⇒Adobe Flash Playerの最新版インストール